診療について

当クリニックでは、上部消化管(食道、胃、十二指腸)と
大腸内視鏡を行っています。

内視鏡

内視鏡

上部消化管内視鏡

more safety&more accuracy
~より安全に、より正確に~

前処置で麻酔が十分なされていれば挿入時の苦痛は、ごく軽度です。
また、胃粘液除去が十分であれば検査時間も短く済みます。
咽頭観察後、スコープを食道に挿入。その後、胃~十二指腸をくまなく観察します。観察時に色調の変化、凹凸などがあれば近接 IEE(image enhanced endoscopy)で病変の拡大観察を行います。必要に応じて色素散布観察、組織検査、ピロリ菌の有無などを検査します。

上部内視鏡検査

下部消化管内視鏡

less of pain&restless
~より苦痛を少なく、より安心して~

腸管内をキレイにする処置を行い残渣がなくなってから検査を行います。便秘の方は、数日前から排便コントロールを行い前日の食事を制限する必要があります。(低残渣食)
検査当日、受診後に洗腸液を飲んでいただきます。
肛門から盲腸、回腸末端までスコープを挿入し腸管内を二酸化炭素で膨らませ全結腸、直腸を観察します。
観察法は、上部消化管と同様ですがポリープなどが発見された場合、組織検査を行い小さなポリープを切除することもあります。ポリープが大きく短期入院が必要な場合は、適切な病院、適切な医師を紹介させていただきます。

上部内視鏡検査

X線装置

胸部レントゲン写真、バリウムによる食道・胃・十二指腸透視・注腸透視(大腸)、骨粗鬆症の診断・評価を行います。
フラットパネルを採用することにより、より高画質の画像診断が行えるようになりました。従来の装置と比較して明瞭な画質による診断が行えます。

超音波検査(ultrasonography)

甲状腺・頸動脈・腹部の超音波検査を行っております。頸部エコーでは、甲状腺疾患、頸動脈の動脈硬化などを観察します。腹部エコーでは、肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓・膀胱や婦人科疾患、腹部大動脈などを観察します。

血圧脈波検査

生活習慣病などによる動脈硬化、血管硬化や閉塞を見る検査です。

睡眠時無呼吸検査
(SASモニター)

睡眠時のいびき、無呼吸低呼吸回数、無呼吸時間、酸素濃度などをモニタリングし睡眠時無呼吸症候群の診断を行います。検査は自宅にて行えます。

24時間血圧モニター
(ABPM)

受診時の血圧と自宅での血圧に開きがある時。
夜間、早朝の血圧が昼間と異なる場合など一日の血圧変動を確認し治療につなげます。

24時間心電図

自由行動下で不整脈や虚血(狭心症など)をモニタリングします。

イベント心電図

症状頻度が少ない不整脈の検出や虚血変化の確認に用います。

交通アクセス

〒825-0002 福岡県田川市伊田5005-5 松原交差点そば駐車場 有り(15台)