症例

胃病変[20歳代女性] – こうざきクリニック

胃病変[20歳代女性]

2013021_2《Presentationの意図》
早期胃癌を見逃さないために(3)

《病理診断》
深達度sm2、IIc未分化型腺癌 (non solid type)

《Discussion》
A, 胃体下部大弯に中央に陥凹を有し周囲が隆起した病変を認める。
B, インジゴ散布にて陥凹面と周囲の隆起は明瞭化。
C-1, NBI 観察で境界を有す陥凹病変が観察される。
C-2, 陥凹部の微細血管、微細構造は周囲と異なる。
周囲の隆起は、粘膜下浸潤を疑う。

《コメント》
若年でも胃癌はある。
紹介先基幹病院にて胃透視検査が行われており、圧迫撮影で周囲の隆起は明瞭な透亮像として描出された。sm 多量浸潤を示唆する所見であり、このような病変は透視所見が重要な意味を持つ。同様にEUSも有用であろう。

交通アクセス

〒825-0002 福岡県田川市伊田5005-5 松原交差点そば駐車場 有り(15台)